砂漠 <伊坂 幸太郎さん>

2009年1月9日「砂漠」を読みました。

  • 感想 <砂漠>

    • 「砂漠」
      始めて読んだ。

      タイトルが漢字二文字・・・
      何となく伊坂さんっぽくない。
      わたしの勝手なイメージだけど。
      でも、内容は、やっぱり伊坂さんの小説って感じ。
      うれしい♪

      学生仲間のつながり方がいいなー。
      恋愛でつながる場合も、すっごくかわいい。
      男性も、女性も!
      男同士のつながりも、ジーンときちゃう。

      最後に、希望をもたせてくれる小説だと思う。



  • あらすじ <砂漠>

    • 仙台の国立大学に入学した学生の1年を通した
      「春」「夏」「秋」「冬」そして「春」の青春小説。


      主な登場人物
        北村(僕…主人公)
        東堂(女性)
        西嶋(男性)
        南 (女性) 
        鳥井(男性)


      仲間で麻雀をするシーンがよく出てくる。
      その麻雀をするために、鳥井が集めた仲間は、名前に「東西南北」がつく。

      麻雀、音楽、バイト、冒険、犯罪、恋愛、学祭、そして超脳力。
      学生生活は愉しいことがたくさんある。
      でも、やっぱり一番大切なのは「仲間」だ。

      人生において学生時代は、砂漠の中のオアシスかもしれない。

      西嶋は言う。
      「その気になればね、砂漠に雪を降らせることだって余裕でできるんですよ」
      ・・・P14

  • 好きな言葉 <砂漠>

    • 「砂漠」を読み終えた。
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがたくさんあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ----------------------------------------------
      一番のお気に入りはこれ。P408

      「人間にとって最大の贅沢とは、
      人間関係における贅沢のことである」



      ・・・・・大学の卒業式で学長が言ったことば。
      「サン=テグジュペリ」の本からの引用らしいけど。


      うんうん、この小説にもっとも適したことばだと思う。
      大学で出会った彼、彼女たち。
      すっごくいい関係なんだもん。
      そして、わたし自身も、そういう贅沢をしてみたい。


      -----------------------------------------------
      P132

      もしかすると強靭さとは、自身や力や技などよりも、
      そういった穏やかさに宿るのかもしれないな、
      と僕は考えずにはいられなかった。



      そうそう、南の「とんとんがいいじゃない」という言葉通り、
      争わず、平和でいられる穏やかさ、
      その気持ちを持つこと自体が強靭な心の持ち主なのかもしれない。


      -----------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <砂漠>

    • 「砂漠」を読み終えた。気になる「作品間リンク」

      -----------------------------------------

      (1)P228
      どうやら彼は高校時代に、万引きで警察に捕まり、
      家庭裁判所に送られた経験もあるらしかった。(中略)
      西嶋が答える。
      家裁の調査官が変な調査官でしたけどね、教えてれたんですよ」


      この「家裁の調査官」っていうのは、「チルドレン」に出てくる武藤かな。

      ------------------------------------------
      (2)P277
      「古賀さんが調べてくれたんですか」
      「東京にいる知り合いに頼んだんだ」


      この古賀の知り合いという東京の興信所の調査員、
      これって、「ラッシュライフ」に出てくる黒澤

      -------------------------------------------

  • 単行本 <砂漠>

  • 文庫本 <砂漠>

    ページのトップへもどる