チルドレン <伊坂 幸太郎さん>

2009年1月18日「チルドレン」(文庫本)を読みました。

  • 感想 <チルドレン>

    • 「チルドレン」
      2度目の読書。

      陣内のキャラクターがすごくいい。
      めちゃくちゃなことを言っているようで、実は真実だったりする。

      陣内と父親とのことが描かれたラストもいい。
      「チルドレンⅡ」は、ちょっとうれし泣きしそうだった。
      陣内さん、やるやん!って感じ。

      やっぱり、大人はカッコ良くないとね!
      そう思える小説だった。


  • あらすじ <チルドレン>

    • 伊坂 幸太郎さん曰く、「短編集のふりをした長編小説」である。

      バンク
      チルドレン
      レトリーバー
      チルドレンⅡ
      イン

      この5つの短編集からなる本。

      主な登場人物
        陣内 (家裁調査官)
        武藤 (家裁調査官で、陣内の後輩)
        鴨居 (陣内の友人)
        永瀬 (盲目の青年)
        優子 (永瀬の恋人)


      表題作の「チルドレン」は、陣内と武藤の家裁調査官の話。
      高校生の万引き事件を担当する武藤。

      「チルドレンⅡ」もふたりの家裁調査官としての話。
      この時、武藤は離婚調停を担当する。「チルドレン」から1年後という設定。

      「バンク」は、陣内が家裁調査官になる前の大学生の時の話。
      友人の鴨居と銀行へ行った際に、お面銀行強盗事件に巻き込まれる。
      そして、その際に永瀬と出会う。

      「レトリーバー」も、陣内が家裁調査官になる前で
      失恋をした22歳の時の話。
      永瀬、永瀬の恋人・優子は、陣内の失恋リハビリにつきあわされる。

      「イン」
      「バンク」から1年後という設定の話。
      陣内バイト先であるデパートの屋上にやってきた永瀬と優子。
      前4編には、必ず陣内と陣内の父親との確執がチラリとのぞく。
      その確執を見事に振っ切った事件をラストに描いている。

      5編を通じて、陣内の父親に対する気持ちの軌跡が描かれ、
      また、陣内のキャラクターが際立ってくるストーリー性。
      確かに、伊坂さんがおっしゃる通り、「短編集のふりをした長編小説」だと思う。


  • 好きな言葉 <チルドレン>

    • 「チルドレン」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがたくさんあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ----------------------------------------------

      (P228)
      「駄目な奴(非行少年)はどうやたって駄目なんだよ。
      更生させるなんて、奇跡みたいなもんだな」と繰り返した。
      ・・・・中略
      「俺たちの仕事はそれなんだよ」
      「俺たちは奇跡を起こすんだ」



      陣内さん、かっこいい!そのあとで、
      「ところで、あんたたちの仕事で奇跡を起こせるのか」
      というシーンも、超カッコいい!

      きっと、自分の仕事に誇りを持ってるんだろうなぁ。


      ----------------------------------------------
      (P229)
      「そもそも、大人が恰好良ければ、子どもはぐれねえんだよ」


      これも、家裁調査官の陣内のことば。
      うん、確かに。
      子どもは、大人を見て育つからね。わたしも、恰好いいところを見せたいよ・・・


      ----------------------------------------------
      (P256) 物事を言い切る人間は信用するな


      これも、家裁調査官の陣内のことば。
      わたしも同感。
      「絶対」とか「必ず」とかを、頻繁に使う人間は信用できない気がする。


      ---------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <チルドレン>

    • 気になる「作品間リンク」 を読み解いてみる。

      -----------------------------------------

      P233


      ずいぶん前に一人だけ、喧嘩の理由を問われて
      「平和の実現」と答えた少年がいたけれど、
      それは貴重なほうだろう。


      この少年は、「砂漠」の西嶋だと思う。

      -----------------------------------------


      この本「チルドレン」は、伊坂さんが自ら
      「短編集のふりをした長編」と言っているように、5つの短編から成り立っている。
      その中のひとつ、「バンク」は、お面銀行強盗事件の話。


      この事件は、「ラッシュライフ」の中でも、ちらっと登場したと思う。


      -----------------------------------------

  • 単行本 <チルドレン>

    • チルドレン

      チルドレン

      出版社  講談社 
      発売日  2004年05月21日

  • 文庫本 <チルドレン>

    • チルドレン

      チルドレン

      出版社  講談社(講談社文庫)
      発売日  2007年05月15日

    ページのトップへもどる