陽気なギャングの日常と襲撃

2009年2月1日「陽気なギャング日常と襲撃」を読みました。

  • 感想 <陽気なギャングの日常と襲撃>

    • 「陽気なギャングの日常と襲撃」
      始めて読んだ。

      もちろん「陽気なギャングが地球を回す」の続編。
      たぶん、先に「地球を回す」を読んでいた方が愉しめるに違いない。
      登場人物のキャラクターが面白いから。

      そうそう、この4人の他に「田中」という人物が登場する。
      彼は、ドラマ「相棒」に出てくる鑑識の米沢さんみたい。
      彼もいい味出してるなぁと思う。
      そう思うのは、わたしだけかなぁ。

      このギャングシリーズは、ユーモアがあって楽しい。
      こういう4人に会ってみたいよ。


  • あらすじ <陽気なギャングの日常と襲撃>

    • 「陽気なギャングが地球を回す」の続編

      主な登場人物
        成瀬 (人間嘘発見器)
        響野 (演説好き)
        久遠 (スリの天才)
        雪子 (時間を正確に測れる体内時計の持ち主) 
        
      第一章から第四章まである。
      第一章が銀行強盗をする前、
      第二章から第四章は銀行強盗の後の話となっている。

      それぞれが、さまざまな事件に巻き込まれるエピソードあり。
      それにしても、さすが伊坂さん。
      最後には、そのそれぞれが
      「社長令嬢誘拐事件」に連鎖していく様子が描かれている。


  • 好きな言葉 <陽気なギャングの日常と襲撃>

    • 「陽気なギャングの日常と襲撃」を読み終えた。
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがたくさんあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ----------------------------------------------

      まず最初のお気に入りはこれ。P56

      「コミュニケーションというのは
      人の話を聞くことからはじまるんだぞ」
      「自分の話はしないに越したことはない。
      発言はな、自分の思っている七割程度でちょうどいい。
      相手の話を十聞いたら、三喋る、それくらいがちょうどいい」


      響野のことば。
      これは確かにそうだなぁと思う。わたしも、気をつけなきゃと思った。


      -----------------------------------------------
      P227
      持っていくものは何かあるかと、と訊ねると彼は嬉しそうに
      「財布と度胸と、ツキだ」と言った。


      うまいこと言うよね。
      ほんと、何事もその3つがあれば乗り切れそうな気がする。


      -----------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <陽気なギャングの日常と襲撃>

    • 「陽気なギャングの日常と襲撃」を読み終えた。
      気になる「作品間リンク」

      -----------------------------------------

      (1)P41
      藤井はその二つの店のことを思い出していた。
      天々」は全国チェーンの居酒屋だったが、
      最近会社の裏手の細長いビルの三階に、屋根裏部屋のような形態の支店ができた。


      この「天々」という居酒屋は、
      チルドレン」や「魔王」の中にも出てくる。

      ------------------------------------------

      (2)P73 「さっきの劇場で、今度、奥谷奥也の舞台をやるんですよ」と美由紀が言う。
      奥谷奥也」は、若い喜劇役者で、馬鹿馬鹿しい演技や不思議な表情が独特で、人気がある。


      この「奥谷奥也」という役者は、首折り男のための協奏曲の「合コンの話」に、
      演出家として出てくる。

      ------------------------------------------

  • 新書 <陽気なギャングの日常と襲撃>

  • 文庫本 <陽気なギャングの日常と襲撃>

    ページのトップへもどる