死神の精度 <伊坂 幸太郎さん>

2009年3月22日「死神の精度」(文庫本)を読みました。

  • 感想 <死神の精度>

    • 「死神の精度」

      前回読んだときの感想を改めてみてみた。
      『最後の「死神対老女」がすっごくいいです』そう、書いていた。

      やっぱり・・・2回目も初回と同じ感想を持った。

      この本は、短編集の形ではあるが、
      6つの話でひとつになっていると思う。
      最後の「死神対老女」がいいと思うのは、
      長編小説のラストシーンがいいと思うのと同じことだろう
      それまでの5編の小説があるからこそ、この「死神対老女」が冴える。

      千葉は、人間ではなく、クールな死神である。
      でも、彼は、人間の持っている温かさを持ち合わせた死神のようだ。
      どの話も、最後には救われた気持ちになるから。


      文藝春秋 特設サイトはこちらです

  • あらすじ <死神の精度>

    • 「死神の精度」 苦情処理の電話応対係の女
      「死神と藤田」  任侠の世界の男
      「吹雪に死神」  雪山のホテルで起きる連続殺人
      「恋愛で死神」 洋服店に勤める男
      「旅路を死神」 母親を刺した男
      「死神対老女」 美容院を営む老女

      死神である千葉が見た、6人の人間の物語。
      6編の短編からなる連作短編集。
        
      クールな死神の千葉は「死」を実行するのに適しているかどうかを判断し、
      「可」か「見送り」かを報告するのを仕事としている調査官である。
      調査は一週間。「可」の報告をした場合は、翌日、つまり八日目に死が実行される。
      調査官の死神は、その実行を見届けて仕事を終了したことになる。

      彼が仕事をする時は、いつも雨が降っているという雨男である。
      ミュージックが好きで、よくCDショップで視聴している。


  • 好きな言葉 <死神の精度>

    • 2度目の「死神の精度」読書。
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがたくさんあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ---------------------------------------------
      P173
      「でも、たとえば、自分と相手が同じことを考えたり、
      同じことを口走ったりするのって、幸せじゃないですか」


      そうですよね、恋をする、異性を好きになるって、
      そういう幸せですよね。


      ------------------------------------------------
      P229
      (人間は)金の面、精神的な面で、損得の計算をする。
      「人間は、よく計算間違いをする」


      なるほど、「計算間違い」をするから、人生はうまくいかないものなのかもしれない。


      ------------------------------------------------
      P267
      人間の生きる歩みはいつだって、
      えっちらおっちらだ、とも思った。


      のんびりだけど、がんばって一歩一歩、前に進む。
      うん、まさにぴったりくることばだ!!!「えっちらおっちら」


      ------------------------------------------------


      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです


  • 作品間リンク <死神の精度>

    • 「死神の精度」を再読。「作品間リンク」を考えてみる。

      --------------------------------------

      (1)主人公である死神の「千葉



      千葉は、「魔王」でも資材管理部の千葉として登場する。

      -----------------------------------------

      (2)P224

      受付カウンターにいた初老の男は、退役軍人のような姿勢の良さで・・・・(略)



      このビジネスホテルの初老の男は、「重力ピエロ」にも出てくる、
      ビジネスホテルのフロントの男だと思う。

      -------------------------------------------
      (3)P226

      駐車場の敷地の一番奥の場所で、ブロック塀に
      向かい合っている青年の姿があった。



      この、壁に落書きをしている青年は、「重力ピエロ」の泉水の弟・春だと思う。

      -----------------------------------------

  • 単行本 <死神の精度>

    • 死神の精度

      死神の精度

      出版社  文藝春秋 
      発売日  2005年06月28日

  • 文庫本 <死神の精度>

    ページのトップへもどる