アヒルと鴨のコインロッカー

2009年6月7日「アヒルと鴨のコインロッカー」文庫本を読みました。

  • 感想 <アヒルと鴨のコインロッカー>

    • この小説を初めて読んだ後に、映画を見た。テレビでの映画放送も見た。
      そのためか、今、改めてこの小説を読むと、濱田岳さん、瑛太さん、松田龍平さん、
      大塚寧々さんのイメージで読み進めていってしまう。
      でも、本当に、映画と小説のイメージがぴったりで、うれしくなる。

      小説を読むのも2回目、映画も2回見た、ということになると、
      当然、結末を知っていて読むことになる。
      そうなると、セリフのひとつひとつが、とても気になる。
      初回に読んだときは、何となく読み流してしまっていたなあ、と気づくことが多い。

      伊坂さんの小説は、そういうパターンが多くて、2度目、3度目も
      別の楽しみ方ができるところが好き。
      特に、この「アヒルと鴨のコインロッカー」は、再読すると面白い。

      初回に読んだときは、(そういうことだったの?)と、ドンデン返しに唸ったけど、
      再読すると、(あら、こんなところにキーワードがあるじゃない)って、思う場面が
      ちりばめられていることに、唸ってしまう。

      ----------------------------------------------

  • あらすじ <アヒルと鴨のコインロッカー>

    • 大学入学のために、椎名は仙台に引っ越してくる。
      すると、アパートの隣に住む「河崎」と名乗る男性から
      「一緒に本屋を襲わないか」と誘われる。本屋を襲って「広辞苑」を盗むという計画。

      この、(現在)の椎名が語る話と、
      (二年前)を語る琴美の話が交互に進んでいく。

      二年前に、仙台でペット殺し(虐待)事件が多発していたのだ。
      そして、琴美は、ブータン人のドルジと一緒に暮らしていた。
      そこへ、琴美の元交際相手の河崎が現れ、ドルジに日本語を教える。

      現在と二年前が、最後には、うまく噛み合うところが圧巻。

      主な登場人物
        椎名 (大学生)
        河崎 (琴美の元交際相手)
        琴美 (ペットショップ店員)
        ドルジ (ブータン人)
        麗子 (ペットショップの店長)

      ----------------------------------------------

  • 好きな言葉 <アヒルと鴨のコインロッカー>

    • 「アヒルと鴨のコインロッカー」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがたくさんあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。


      ----------------------------------------------
      (P51)
      「裏口から悲劇は起きるんだ」

      この言葉は、この小説のキーワードでもあるんだけど、何かカッコいいセリフだ。




      ---------------------------------------------

      (P230)
      「子供ができて、悩んで、死ぬなんて、ダサすぎだよ。
       というよりもさ、子供が十六の時、君は三十二だよ。
       それ、すごく恰好良くない?」


      この言葉を、ちょっと気が弱い椎名が言うところが、またいいんだよなーって思った。




      ---------------------------------------------

      (P357)
      「僕たちは神様を閉じ込めてみたんだ」

      神様、ちょっとの間だけ見ないでいてください、
      そう言って、悪いことをしたくなる・・・・だから神様を閉じ込める。
      でも、やっぱり、そんなことできないんだよね。
      だから、単なる儀式、代用品で誤魔化してしまう。
      つまり、「閉じ込めてみたんだ」という言葉で表現されることになる。



      でも、人って、それで安心しちゃうんだよね、きっと。
      たまには、神様を閉じ込めたくなる気分になるよね、それが人間の本音だと思う。




      ---------------------------------------------


      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです


  • 作品間リンク <アヒルと鴨のコインロッカー>

    • 「アヒルと鴨のコインロッカー」を再読。
      「作品間リンク」


      ----------------------------------------
      (1)P84
      田村蕎麦。駅の向こうの公園脇にあるからよろしく」


      こう言って、信号待ちをしている椎名に話しかける男性。
      この「田村蕎麦」の店主の男性は、「重力ピエロ」で、落書きの被害にあっている。




      -----------------------------------------
      (2)P46
      ・・・(中略)横浜に住む叔母がよくいう台詞だ。まだ若く、颯爽とし、スタイルの良い叔母は、僕のお気に入りの女性でもあったので、その教えにはなるべく従うようにしている。

      (2)P249
      たぶん、祥子叔母さんさんが喫茶店を経営しているからだろう。
      響野という少々変わった旦那さんと、夫婦でやっている。



      この「響野」は、「陽気なギャングが地球を回す」に出てくる銀行強盗だと思う。
      なので、椎名の叔母さんは、その響野と妻だと思われる。、




      -----------------------------------------
      (3)P147
      どういうわけか、シンナーの匂いがした。左右を見る。
      この近くに、壁に落書きをする人間でもいるのだろうか。



      この壁に落書きをする人間は、「重力ピエロ」の春ではないかな。




      -----------------------------------------
      (4)P389
      「あれ、レッサーパンダだ」と言った。・・・(中略)
      「盗んだんだよ、あの子たちは」


      という、動物園からレッサーパンダを盗む、きょうだいの話がある。
      フィッシュストーリー」の「動物園のエンジン」の中に、「レッサーバンダ」の看板だけがあり、
      「前までレッサーパンダがいた」が、今はいないというくだりがある。

      「アヒルと鴨のコインロッカー」の中に出てくる動物園は、この動物園と同じかもしれない。




      -----------------------------------------
      (5)広辞苑

      「ポテチ」(フィッシュストーリー)の中に、
      大西が、「本屋に行って広辞苑を盗むわけでもあるまいし」と言うくだりがある。




      -----------------------------------------



  • 単行本 <アヒルと鴨のコインロッカー>

  • 文庫本 <アヒルと鴨のコインロッカー>

    ページのトップへもどる