グラスホッパー <伊坂 幸太郎さん>

2009年7月4日「グラスホッパー」(文庫本)を読みました。

  • 感想 <グラスホッパー>

    • ラストの一行。
      「回送電車は、まだ通過している」

      この一文で終わる、この小説。えっ???
      最後に、わたしの頭の中に?が増殖した。
      これは、どう解釈したらいいんでしょうね。

      (P165)
      「兆候はあるんですよ、幻覚のしるしは。例えば、街で立っている時に、
      目の前の信号の点滅が止まらなかったり・・・・・(中略)
      この列車ずいぶん長いなあ、なんて思ったら、まずい兆候ですよ・・・(略)」

      一体、鈴木はいつから幻想を見ていたのかなあ。
      健太郎と孝次郎の姿を見たところからが幻想なの?

      でも田中が鯨に幻覚について、話している内容によると
      「信号」は幻覚の見始めで、「列車」は目覚めの合図だそうだ。

      ということは、鈴木が寺原を待っている時の信号が、幻覚の見始めで、
      ラストの回送電車が目覚め・・・?
      つまり、すべてが幻想だったということ? まさか。

      うーん。ラストで悩んでしまった。

      ----------------------------------------------


  • あらすじ <グラスホッパー>

    • 鈴木は妻をひき逃げで殺される。
      その犯人の寺原に復讐をしようと、寺原の父が経営する会社に入り込む。
      復讐をする前に、寺原は「押し屋」と呼ばれる殺し屋によって死んでしまう。
      その押し屋を探しあてることを命じられる鈴木。
      その間に、別の殺し屋「鯨」と「蝉」が関わってくることになる。

      主な登場人物
        鈴木  (妻がひき逃げされ死亡した。その復讐をたくらむ)
        鯨   (自殺させるという殺し屋の大男)
        蝉   (ナイフ使う殺し屋で、蝉のようにうるさい男)
        槿   (押し屋の殺し屋)
        岩西  (蝉の上司)
       
      ----------------------------------------------

      「グラスホッパー」の映画化が決定しました。2015年11月公開中です。

      グラスホッパーの続編「マリアビートル」の感想・あらすじ・好きな言葉はこちらです

  • 好きな言葉 <グラスホッパー>

    • 「グラスホッパー」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。


      ----------------------------------------------
      (P25)
      亡き妻の口癖を思い出した。
      「やるしかないじゃない」それだ。


      うん、それはいい言葉だと思う。
      あれこれ、頭で考えるだけで終わっちゃダメ。
      やっぱり行動しなきゃね。
      「やるしかないじゃない」 まさに、その通り。



      --------------------------------------------
      (P169)

      世界から自由になるには、携帯電話を切ればいい。
      単純で、ひどくくだらない。



      なるほど、携帯電話は便利だけど、実は携帯電話に縛られているのかも。
      だけど、それがわかっていても、携帯電話を切ることができないでいる現代人。
      単純なことなのに、それができなくて「自由になりたい」という矛盾。
      くだらないことなのかもしれない。



      ---------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <グラスホッパー>

    • 「グラスホッパー」を再読。「作品間リンク」

      ----------------------------------------
      (1)田中

      (P89)
      足が悪いのか、右手に杖のようなものをつかんでいる。


      オーデュボンの祈り
         足が悪く、代書の仕事をしている、鳥が好きな男。
      魔王」                   
          足を撃たれるサッカー選手 
      陽気なギャングな地球を回す」   
           どんな鍵でもをつくってくれる男
      モダンタイムス」            
           脚を少し引き摺るようにしていたゴッシュのシステム管理者
      ゴールデンスランバー」            
           足を骨折して入院している患者
      SOSの猿
          発注ミスをした菩薩証券男

      -----------------------------------------
      (2)「神様のレシピ」と「案山子」

      (P166)
      「最近読んだ本に、こういうのがありました。未来は神様のレシピで決まる、と」
      ・・・・(中略)「その本の中では、案山子が喋って、そんなことを言うんですよ」

      田中がこう言っている。
      この「神様のレシピ」と「案山子」の話は、他の小説にもよく登場している。
      オーデュンの祈り
      重力ピエロ」 
      ラッシュライフ


      -----------------------------------------



  • 単行本 <グラスホッパー>

  • 文庫本 <グラスホッパー>

    ページのトップへもどる