終末のフール <伊坂 幸太郎さん>

2009年7月18日「終末のフール」(文庫本)を読みました。

  • 感想 <終末のフール>

    • まず、最初にイメージしたのは、映画「フィッシュストーリー」だった。
      この春に観た映画だけど、原作とはちょっと違う設定があり、
      それはそれで映画的で面白いと思っていた。
      それが、なんとなんと、この「終末のフール」の設定やらエピソードを
      盛り込んだみたいで、それがわかると、
      (この本を読んでからフィッシュストーリーの映画を見たら、もっと楽しめたかも)
      と、感じたのが、最初の感想だ。

      8つの話がある。どれもそれぞれに(なるほどなぁ)と、それぞれの生き方に感心した。
      印象に残ったのは、「鋼鉄のウール」のボクサー。
      もうすぐ世の中が終わるというのに、彼は、ずっと変わらず練習を続けている。
      その姿が、野球のイチローと重なった。
      どんなことでも、同じことをずっと続けるって、難しい。
      それができる人が、チャンピオンになれるんだと思う。

      ----------------------------------------------



  • あらすじ <終末のフール>

    •  終末のフール
       太陽のシール
       籠城のビール
       冬眠のガール
       鋼鉄のウール
       天体のヨール
       演劇のオール
       深海のボール

      この8つの短編からなる連作ものだ。

      「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されてから5年後のお話。
      8年前には、犯罪が増え、パニック状態の混乱した世の中だった。
      しかし、あと3年となったとき、人々は、小康状態となる。
      仙台市にあるヒルズタウンに住む人々のそれぞれを描いたもの。

      ----------------------------------------------




  • 好きな言葉 <終末のフール>

    • 「終末のフール」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ---------------------------------------------
      (P346)
      ・・・(略)「母さんが死んだ時はどうだったわけ」・・・(略)
      「おまえには言ってなかったけどな、
       俺の一番大事な人間は政子だったんだよ」

      ・・・(略)
      「息子のおまえよりも、だよ」と口元をほころばせた。
      「怒ったか?」
      いいと思います。私はそう返事をする。


      いいなー。いいなー。こういう家族、こういう夫婦。
      やっぱり、息子(子ども)からしても、親はお互いを大事に思い合うふたりでいてほしいよね。


      ---------------------------------------------
      (P338)
      「死に物狂いで生きるのは、権利じゃなくて、義務だ」


      「自殺をしてはいけない理由」
      それを子どもに問われたら、何と答えるか。
      そう、この言葉が一番ぴったりとくるんじゃないかと思った。

      あなたが生きるのは義務なのよ。


      --------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <終末のフール>

    • ---------------------------------------------------------------------------------
      「終末のフール」を初めて読んだ。(2009年7月)
      この小説には、「作品間リンク」 はみつからなかった。

      「終末のフール」について伊坂 幸太郎さんへのインタビュー(集英社) 

      このインタビューの中でも、伊坂さんが「作品リンクはない」と言っている。
      ----------------------------------------------------------------------------------

      2015年7月、このインタビューを確認したところ、このページは残っていませんでした。
      伊坂さんが、この作品を書いたころは、作品間リンクはなかったようですが、
      その後「オー!ファーザー」(2010年3月)での作品間リンクが出てきました。



      「ランナウェイ・プリズナー」

       脱走した囚人が、ひたすらに逃げるという内容のドラマ

        「籠城のビール」      
            番組の最後にはいつも、「十五年逃げ切ればいいんだろ?楽勝だぜ」と
            決め台詞が発せられるのが、パターンだった。   (文庫本 P103)


        「オー!ファーザー
            例のドラマ、『ランナウェイ・プリズナー』のことを思い出し、
            あのドラマの中での決め台詞「十五年逃げ切ればいいんだろ?楽勝だぜ」
            が口から出そうになる。             (文庫本 P157)


            ドラマ「ランナウェイ・プリズナー」の序盤、主人公が脱獄する際、
            高い場所から電線を伝って、逃げ出す場面があった。
            それを真似して、父親たちは由紀夫を助ける。    (文庫本 P504~)




  • 単行本 <終末のフール>

    • 終末のフール

      終末のフール

      出版社  集英社 
      発売日  2006年03月26日

      ¥1,470(税込)

  • 文庫本 <終末のフール>

    • 終末のフール

      終末のフール

      出版社  集英社文庫
      発売日  2009年06月26日

      ¥660(税込)

    ページのトップへもどる