オーデュボンの祈り <伊坂 幸太郎さん>

2009年9月2日「オーデュボンの祈り」(文庫本)を読みました。

  • 感想 <オーデュボンの祈り>

    • 初めて伊坂さんの本を読んだのが、この「オーデュボンの祈り」だった。
      薦められて読んだ本だったけど、読後の感想は、「一体、この小説は何?」
      というものだったと記憶している。

      案山子が喋る・・・SFものなのか?
      桜が撃つ、残酷な城山、案山子の殺人・・・ミステリーなのか?
      現実にはない、仙台の沖にある荻島・・・非現実的なファンタジーものなのか?

      とにかく、説明のつかない不思議な小説に出会った気分だった。
      そして、今回、もう一度読み直してみた。

      伊坂さんの小説を読んでいると、似たようなキーワードが出てくる。
      生と死、音楽、絵、宗教、犬・猫・鳥・虫、政治、天気、システムエンジニア・・・など。
      この「オーデュボンの祈り」は、伊坂さんのデビュー作だからなのか、
      そのキーワードのすべてが網羅されているようで、再読すると、わくわくした。

      「この島に欠けているもの」・・・これが一体何なのか。ずっと気になる。
      最後まで、それが気になって仕方がない。
      そして、ラストでそれがわかった時、なんと清々しい気持ちになれることか。

      桜の「理由になっていない」という言葉。
      城山には、最高の贈る言葉になったと思う。

      ---------------------------------------------

  • あらすじ <オーデュボンの祈り>

    • 主人公の伊藤は、人生をリセットしてみたいと思い、コンビニ強盗を試みるが失敗する。
      そして、パトカーから逃げだし、気がついたら、荻島という鎖国状態の不思議な島にいた。

      この島には、言葉を喋る案山子がいた。その案山子は未来が見えると言う。
      しかし、島のすべての人間から信頼されていた案山子の優午が、ある日、殺される。
      未来が見えていたはずの優午に、自分の死を防ぐことはできなかったのか、
      という疑問とともに、一体、誰が優午を殺したのか。

           伊藤   主人公・元システムエンジニア
           優午   言葉をしゃべる案山子
           日比野   伊藤に島の案内をする
           轟     島の中で、唯一、外の世界へ出ることができる
           桜     島の中で、悪事を働くと桜が拳銃で撃つ
           田中   オーデュボンのリョコウバトの話をする
           城山   残酷な警官

      ---------------------------------------

  • 好きな言葉 <オーデュボンの祈り>

    • 「オーデュボンの祈り」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ---------------------------------------------- (P24)
      「悪気はないようだったが、
       悪気がないのと人の気持ちをわかるというのは別の話だ。」



      そうそう、まったくその通り。
      人の気持ちをわかろうとすることが大事だと思う。
      自分への戒めも含めて、この言葉に深くうなづいた。


      ---------------------------------------------
      (P42)
      「人生ってのはエスカレーターでさ。
       自分はとまっていても、いつの間にか進んでるんだ。」



      主人公・伊藤の祖母の言葉。
      そうだねー。世の中のすべてが止まるってことはないよね。
      前に進むことばかり考えてると、疲れちゃうよね。
      じっとしていても、前に進める時もある。



      --------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <オーデュボンの祈り>

    • 「オーデュボンの祈り」は、伊坂さんのデビュー作なので
      作品リンクは、ここから始まったんだろうね。


      ----------------------------------------
      (1)「神様のレシピ」と「案山子」
       

      ラッシュライフ
      重力ピエロ」 
      グラスホッパー」でこの話が出てくる。



      ----------------------------------------

      (2)「伊藤」
         コンビニ強盗に失敗をして逃走。気がついたら荻島にいた、主人公の伊藤。



      ラッシュライフ」  
           佐々岡の勤める画廊に出入りしていた額屋のアルバイト。
      重力ピエロ」    
           青葉山の橋で、泉水と話をする。
      「動物園のエンジン」(フィッシュストーリー
            主人公の友人で、電話で話をする。
            その後、伊藤は会社を辞め、コンビニ強盗を起こす。



      ----------------------------------------
      (3)田中
         足が悪く、代書の仕事をしている、鳥が好きな男。
         オーデュボンのリョコウバトの話をする。


      魔王」                   
          足を撃たれるサッカー選手 
      陽気なギャングな地球を回す」   
           どんな鍵でもをつくってくれる男
      ゴールデンスランバー」       
           足を骨折して入院している男
      グラスホッパー」           
           杖をついているホームレス
      モダンタイムス」            
           脚を少し引き摺るようにしていたゴッシュのシステム管理者
      SOSの猿
          発注ミスをした菩薩証券男



      ---------------------------------------
      (4)若葉
         地面に寝転がってドンドンという心臓の音を聞くのが好きな10歳くらいの女の子。
         

      「ポテチ」(フィッシュストーリー)                 
          大西若葉 
          大西は・・・(中略)寝そべり、床に耳をつけた。ひんやりとした感触が心地良い。
          地面に耳をつけ、そこから伝わる音や響きを確かめるのが、大西は子供の
          頃から好きだった。



      ---------------------------------------
      (5)
         荻島で、唯一、外の世界と行き来できる男で、伊藤を荻島に連れてきた。
         

      ゴールデンスランバー
          轟煙花という花火屋の社長



      ---------------------------------------


  • 単行本 <オーデュボンの祈り>

  • 文庫本 <オーデュボンの祈り>

    ページのトップへもどる