ゴールデンスランバー <伊坂 幸太郎さん>

2009年10月25日「ゴールデンスランバー」を読みました。

  • 感想 <ゴールデンスランバー>

    • とにかく、最後のシーンが好きです。胸がキューンとなります。
      『たいへんよくできました。』

      青柳の元彼女・樋口晴子とその娘。いいセンスと度胸を持ってるよね。

      2010年1月に映画が公開されるらしい。とても楽しみ。
      この樋口晴子は竹内 結子さんらしい。どんな風に演じてくれるか楽しみ~。

      この小説は、第一部から第五部までの構成になっている。
      最後の第五部は「事件から三ヶ月後」が描かれている。
      すべては、これを描くための伏線だったのか、と思えるようなラストシーン。
      さすが伊坂さん!

      そして、登場する人物がまた、筋の通った人が多くてカッコいい。
      犯罪の中でも、「痴漢」が一番許せないと言う青柳のお父さん。
      音楽はロックだと言い張る岩崎、などなど。
      そういう個性を持った人物を登場させるうまさも、さすが伊坂さん!


      ----------------------------------------------


  • あらすじ <ゴールデンスランバー>

    • 首相の凱旋パレードが、仙台で派手に行われていた。
      その首相が、ラジコンへりを使った爆弾テロで暗殺される。
      そして、その犯人として、元宅配ドライバーの青柳が仕立て上げられる。
      青柳は、逃げる。
      大学時代の元彼女、サークルの仲間など、周りの人間との絆が彼の逃亡を助ける。

        青柳 雅晴    首相暗殺の濡れ衣を着せられ逃亡する
        樋口 晴子    青柳の大学時代の彼女
        森田 森吾    「森の声が聞こえる」という、青柳の大学時代のサークル仲間
        小野 一夫    青柳の大学時代のサークルでの後輩
        岩崎 英ニ郎    青柳が勤めていた宅配会社の運転手
        轟        花火工場の社長
        保土ヶ谷康志   仙台病院センターの入院患者
        佐々木 一太郎  青柳を追跡する刑事


      ---------------------------------------


  • 好きな言葉 <ゴールデンスランバー>

    • 「ゴールデンスランバー」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      ----------------------------------------------
      (P)501
      「たいへんよくできました」

      好きなことばは、最後のページに出てくるこの言葉に尽きる。
      たぶん、この言葉を使うシーンに、あたしは酔ってるんだと思う。



      ---------------------------------------------
      (P)274
      「ただ、俺にとって残っている武器は、
      人を信頼することくらいなんだ」


      この小説の中にたびたびでてくる言葉に
      「人間の最大の武器は習慣と信頼だ」というのがある。
      その中でも、このシーンで青柳が使ったこの言葉が一番好きだ。



      --------------------------------------------
      (P)352
      「だと思った」の一言が、胸の中をぎゅっと絞ってくる。


      なんて素敵な表現なんだろう。
      この言葉がうれしくて、胸がつまって。
      そして、その言葉の力強さが、自分を奮いたたせてくれる。
      そんな思いが伝わってきて、涙が出そうになった。


      --------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <ゴールデンスランバー>

    • 「ゴールデンスランバー」を再読。
      作品間リンクを探ってみる。

      ----------------------------------------
      (1)田中徹 
         枕に頭をつけ、吊られた左脚を眺めた田中徹は・・・・・ (略)  P16より
       
         足を骨折している田中は、他の作品でも度々登場している。



      オーデュボンの祈り
         足が悪く、代書の仕事をしている、鳥が好きな男。
      魔王」                   
          足を撃たれるサッカー選手 
      陽気なギャングな地球を回す」   
           どんな鍵でもをつくってくれる男
      グラスホッパー」           
           杖をついているホームレス
      モダンタイムス」            
           脚を少し引き摺るようにしていたゴッシュのシステム管理者
      SOSの猿
          発注ミスをした菩薩証券男


      ----------------------------------------

      (2)
          「轟煙火」という花火工場の社長

          「あんたもだろ」熊に似た男性(轟社長)がすぐに言う。・・・(略) P127より
          熊に似ているという表現がある。 



      オーデュボンの祈り
          荻島で、唯一、外の世界と行き来できる男で、伊藤を荻島に連れてきた。

          「熊みたいな風体のくせにな」 (P39より)
          と、日比野が轟のことを言っている箇所がある。  


      ---------------------------------------

      (3)海老沢克男
          金田貞義首相の後任となった海老沢克男首相により設置された、・・・・(略)
              単行本 P58より  (文庫本P78より)          
             
          この海老沢克男は、「モダンタイムス」の文庫本(上)にも出てきます。


      モダンタイムス
          当時の内閣総理大臣、海老沢克男に自分たちの主張を訴える。
               文庫本(上) P169

          
          「モダンタイムス」の単行本(P118)では
          「当時の内閣総理大臣、須藤昭雄」とありますが
           文庫本では「海老沢克男」となっています。

      ---------------------------------------


  • 単行本 <ゴールデンスランバー>

  • 文庫本 <ゴールデンスランバー>

    ページのトップへもどる