モダンタイムス <伊坂 幸太郎さん>

2009年11月3日「モダンタイムス」を読みました。

  • 感想 <モダンタイムス>

    • 登場する人物が、いつも個性的なキャラクターで、
      それが愉しみでもある、伊坂さんの作品。
      「モダンタイムス」でも、いましたねー、個性派が。うふふ。

      「井坂好太郎」という、女好きで、胡散臭い小説家。
      名前が名前だけに、小説の中での彼のセリフは、
      本当の伊坂幸太郎さんの言葉なのか・・・伊坂さんは、そういう考えなのか、
      と、思ってしまう。

      主人公・渡辺拓海の妻・佳代子は、恐妻である。
      「結婚とは、一に我慢、二に辛抱、三、四がなくて五にサバイバル」と、
      拓海が言うほどの妻である。
      ほんと、最初は、ありえないほど恐い妻が描かれていたけど、
      小説のラストに近づくほど、彼女の印象が変わってくる。

      この小説は、拓海の小学3年生の時の言葉で始まる。
      「実家に忘れてきました。何を? 勇気を。」
      その彼が、ラストではこう言っている。
      「勇気は彼女(妻の佳代子)が持っている。俺がなくしたりしないように」

      あんなに恐がっていた妻なのにね。
      案外、いい夫婦じゃん。

      ---------------------------------------------


  • あらすじ <モダンタイムス>

    • 「魔王」の続編。今より50年ほど未来の話。

      主人公は、システムエンジニアの渡辺拓海。
      キーワードは「検索」。
      現代のインターネットや、システムについて、鋭く突いている感じだ。

      渡辺拓海は、あるシステムの改良の仕事を担当する。
      前任者の五反田正臣は、失踪した。
      その五反田は、「見て見ぬふりも勇気だ」と言う。

      単純な仕事のはずだったのに、大きな組織に狙われることとなる拓海。
      彼は見えない敵の実体と闘うこととなる。


      ---------------------------------------


  • 好きな言葉 <モダンタイムス>

    • 「モダンタイムス」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。


      ----------------------------------------------
      (P)140
      「人生は要約できねえんだよ」

       この小説に出てくる小説家・井坂好太郎のことば。
       人生は、取るに足らない出来事積み重ねで成り立っている。
       そして、その人の人生を要約すると、結婚や転職などのトピックだけが残り、
       日々の生活は削られる。
       だが、本当に大事なのは、その要約して消えた日々の出来事だ、と言う。


       うんうん。ほんと、その通りだねー。
       今まで、そういうことに気がつかなかったよ。
       心に浸みたなぁ、この言葉。


      ---------------------------------------------


      (P)494
      「わたしはね、誰もが善人であるべきとは思わないし、
       悪いことをするのもアリだと思うけど、
       思い悩まない人が一番嫌いなの」


       佳代子の言葉。


       何も考えずに、悩むことなく悪いことをする人ほど、憎い者はいないと思う。



      --------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <モダンタイムス>

    • 「モダンタイムス」を再読。
      作品間リンクを探ってみる。

      「魔王」の登場人物が出てくるが、それはこの小説が、
      「魔王」の続編ということで、当然のことであり、
      作品間リンクとは違うので、それは除きます。

      ----------------------------------------
      (1)田中 
         「わたした、システム管理者の田中です」と名乗った彼は
         脚を少し引き摺るようにしていた。    P520より
       
         このゴッシュのシステム管理者の田中は、多くの作品に登場している。



      オーデュボンの祈り
         足が悪く、代書の仕事をしている、鳥が好きな男。
      魔王」                   
          足を撃たれるサッカー選手 
      陽気なギャングな地球を回す」   
           どんな鍵でもをつくってくれる男
      グラスホッパー」           
           杖をついているホームレス
      ゴールデンスランバー」            
           足を骨折して入院している患者
      SOSの猿
          発注ミスをした菩薩証券男

      ----------------------------------------

      (2)海老沢克男 
         当時の内閣総理大臣、海老沢克男に自分たちの主張を訴える。
               文庫本(上) P169

          モダンタイムス」の単行本(P118)では
          「当時の内閣総理大臣、須藤昭雄」とありますが
           文庫本では「海老沢克男」となっています。   
         
          この海老沢克男は「ゴールデンスランバー」にも出てきます。


      ゴールデンスランバー」       
             金田貞義首相の後任となった海老沢克男首相により設置された、(略)
                単行本 P58  (文庫本P78)
         

      ----------------------------------------


  • 単行本 <モダンタイムス>

  • 文庫本 <モダンタイムス>

ページのトップへもどる