あるキング <伊坂 幸太郎さん>

2012年8月15日「あるキング」を読みました。

  • 感想 <あるキング>

    • 「あるキング」の単行本が出たとき、
      今までの伊坂さんの作風とはガラリと変わったものだと聞いた。
      そのせいか、文庫本になるまでの約2年間、
      「あるキング」の単行本を手にとる機会を失くしてしまって。

      そして、ここに来て文庫化。
      伊坂さんは、ずいぶんと加筆されたそうだ。
      となると、加筆前の作品も読んでおけばよかった、と反省しつつも、
      伊坂さんが、この文庫本の方を完成作品と思っているなら、
      あえて、未完成のものを読むこともないか・・・と思ってみたり。

      文庫本のあとがきで、伊坂さんが書いている。
      単行本が出たとき、「何だこりゃ」と感じた読者が多かったようだ、と。
      今回の文庫化で、「もう少し分かりやすく」と考えて書き直したそうだ。

      その「分かりやすく書き直した文庫」を初めて読んだせいなのか、
      わたしは、伊坂さんらしく、面白い小説だと思った。
      伊坂さんらしい、比喩の言葉がとてもきれいで、
      わたしは、そのセンスの良さが大好きだ。

      0歳、3歳、10歳、12歳、13歳、14歳、15歳、17歳、18歳、21歳、22歳、23歳。
      それらの年齢の主人公・王求の様子が描かれている小説だ。
      通常、小説は「私」の視点で書かれる一人称か、
      第三者の視点で書かれる三人称が多いと思う。
      この「あるキング」では、それぞれの年齢の章によって、その「人称」が違うのだ。
      しかも、「おまえ」に語りかけるという、小説ではめずらしい二人称もある。
      わたしは、この二人称の章に引き込まれた。
      王求を「おまえ」と呼ぶ、この人物は誰なんだろう・・・と思いながら読み進めた。

      「10歳」の章に、王求の小学校の同級生が「僕」として語っている。
      その「僕」は、図書館で借りた「キュリー夫人」の伝記を読んでいた。
      そして、それを読んで不思議に思ったことがあった。

      キュリー夫人の子供のころの話が載っており、
      そこには、キュリー夫人が何を思ったかが書いてあった。
      キュリー夫人が偉くなったのは、大人になってからなのに、
      どうして子供の時の彼女の心情が克明に描かれているのか。それが不思議でならなかった。
                                           p51より


      この件を読んで思った。
      この「あるキング」は、王求の伝記のようだな、と。
      王求は、王様ではない。
      「でも、野球のうまい奴なら王様はいる」と、服部勘太郎が言っている。   P193より
      そう、ホームラン王だとか、打点王だとか、そういう王がいる。
      王求は、そういう意味での王様なのかもしれない。
      「あるキング」・・・・・やっぱり、王求は王様だろう。
      王様だから偉人だ。だから伝記を読みたい人も多くいるはず。
      そのために書かれた。

      この小説はそういうとらえ方でいいのかな。



      ----------------------------------------------

      2015年5月5日 「あるキング:完全版」を読みました。感想等は「紙飛行機文庫」に書きました。


  • あらすじ <あるキング>

    • ほとんど毎年最下位のプロ野球チーム「仙醍キングス」。
      そのチームの熱狂的なファンである両親の元に生まれたのが、
      主人公の「王求(おーく)」である。
      その彼の0歳から23歳までの生涯を描いた話だ。

      王求は、両親に、仙醍キングスの野球選手になるように育てられる。
      そして、彼は、才能と努力によって、天才野球少年からプロ野球選手へと成長する。

      ---------------------------------------------

  • 好きな言葉 <あるキング>

    • 「あるキング」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      きれいな表現が好きだ。それを、ここに残しておきたいと思う。

      --------------------------------------------
      山田君の振るバットの回転が、
      時間とか空とかを回しているんじゃないだろうか。

      山田君の打ったホームランが、
      青空に向かって手を伸ばすかのような
      そんな雰囲気で飛んでいく。

      こーん、と気持ちのいい音を出して、
      空を撫でるように落下する。
                      p59~p66
          

      ----------------------------------------------
      自分の心の中の枝がぱきぱきと折れ、
      頭の中の豆電球が一瞬、切れる。
                   p80
         
         
      ---------------------------------------------
      俺はな、優雅に飛んでいる鳥が落っこちたりするのを見て
      溜飲を下げるよりも、
      絶対飛ばないような牛が空飛ぶのを眺めて、
      爆笑する方が好きなんだ。
       
                                       p198
         
      -------------------------------------------- 
      病院の窓から差し込む、
      淡い情熱の名残とでも呼べるような夕焼けを見つめた
                                        p247
         

      ---------------------------------------------- 
      歓声が、音の塊となって、飛び掛ってくる。
         
                                                                                                 
                                         P284
      ----------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <あるキング>

    • 「あるキング」を読んだ。
      この小説には、「作品間リンク」 はみつからなかった。

      ----------------------------------------------


  • 単行本 <あるキング>

    • あるキング

      あるキング

      出版社  徳間書店 
      発売日  2009年08月26日

      ¥1,260(税込)

  • 文庫本 <あるキング>

    • あるキング

      あるキング

      出版社  徳間文庫
      発売日  2012年08月03日

      ¥620(税込)

  • 文庫本 <あるキング:完全版>

    ページのトップへもどる