残り全部バケーション <伊坂 幸太郎さん>

2012年12月12日「残り全部バケーション」を読みました。

  • 感想 <残り全部バケーション>

    • いいお話だった。それに尽きる。
      読み終わった時、わたしは、ニヤリとしている自分がおかしかった。

      単行本 「残り全部バケーション」
      この本は、今までに伊坂さんがすでに発表している短編4作と、
      新たに書きおろされた短編1作の、合わせて5編から成っている。
      すでに発表されている4編に、伊坂さんが加筆修正を施して、
      各話がうまく絡むようにして、連作長編小説に仕上げているらしい。

      わたしは、すでに4編は読んでいた。
      だから、加筆修正を施したとは言え、その4編については再読のつもりぐらいだった。
      そして、最後の1編に期待をしていた。

      ところが、さすが伊坂さん!
      再読のつもりで読み始めた、最初の「残り全部バケーション」で、いきなり
      「これは!」と、気持ちが高鳴った。

      だって、「PHS」が出てくるんだもん。
      ここは、別に「PHS」である必要はないんじゃない? ケイタイでいいじゃない。
        (*ちなみに、すでに発表されている、元の短編では、「携帯電話」でした。)
       
      3章目の「検問」。
      ここでも「これは!」と思う。
      ケイタイでいいじゃないのっていう場面で、わざわざ「スマートフォン」になっている。
         (*ちなみに、すでに発表されている、元の短編では、「携帯電話」でした。)

      PHSにケイタイにスマホ。使い捨てカメラにデジカメに動画。
      やたらとデジタル製品が出てくる。これって、きっとポイントよね。

      と、予想したり、期待したり・・・と読み進める。

      おおおおおぉ!
      こう来るか! なんて素敵なお話なんでしょ。
      余韻がある終わり方も、その余韻は期待の思いでいっぱいになる。
      いや、絶対にそうだ!と思ってしまう、このラスト。
      やっぱり、ニヤリとしてしまう。


      ----------------------------------------------

      2015年12月 文庫本「残り全部バケーション」を読みました。
      感想やラストについての想像のお話は「紙飛行機文庫」に書きました。

  • あらすじ <残り全部バケーション>

    • 当たり屋や脅迫など、裏の仕事をしている溝口と岡田のシリーズ。

      第一章 「残り全部バケーション」
        夫婦の離婚により、家族がバラバラになる日の話。

      第二章 「タキオン作戦」
        父親から虐待を受けている子供を助ける話。

      第三章 「検問」
        政治家の愛人を拉致した犯人が、別件で検問にあう話。

      第四章 「小さな兵隊」
        問題児の岡田君の話。

      第五章 「飛べても8分」
        ボスと闘う男の友情の話。



      -------------------------------------------------------------------
      第一章から第五章を、時系列に並べてみる。


      「小さな兵隊」
        岡田が小学4年生のころの話。
        
      「タキオン作戦」
        溝口と岡田が、コンビを組んで裏の仕事をしていたころの話。

      「残り全部バケーション」
        岡田が、仕事を辞めたいと言い出すころの話。

      「検問」
        岡田と別れた溝口が、太田とペアで仕事をするようになったころの話。

      「飛べても8分」
        太田とも離れた溝口が、高田とぺアを組むようになって1年がたったころの話。


      「小さな兵隊」から「飛べても8分」まで、20年ほどの時間が経過している。

      -------------------------------------------

      伊坂幸太郎さんのインタビューページ
      2012年(平成24年)  集英社 青春と読書


  • 好きな言葉 <残り全部バケーション>

    • 「残り全部バケーション」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      --------------------------------------------
      飛んでも八分、歩けば十分、メールは一瞬                   
      p237    


      この言葉は最高。
      この言葉が、この小説のすべてを物語っているみたい。


      ----------------------------------------------
      過去のことばっかり見てると、意味ないですよ。
      車だって、ずっとバックミラー見てたら、危ないじゃないですか。
      事故りますよ。
                                          
      p35    



      前を見て、生きていかなきゃね。
      過去は、時々、確認する程度がちょうどいいらしい。


      -------------------------------------------------------
      ぎすぎすどころか、ぐおんぐおんしていましたよ。
      p31   
                


      夫の浮気がばれて、家庭内がどんよりとした空気になったことを表現した言葉。
      「ぐおんぐおん」だなんて言葉、思いつかないなー。
      でも、すっごくよくわかる。


      ---------------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <残り全部バケーション>

    • 「残り全部バケーション」の中に収めれられている5章の中での
      作品間リンクを探ってみようと思う。
      あくまでも、わたしの想像ですので、あしからず。

      -----------------------------------------

      (1)「早坂 沙希」 「サキさん」 「岡田」
       第一章 「残り全部バケーション」に出てくる、娘・早坂 沙希。
       第五章 「飛べても8分」に出てくる、ブログ「食べ歩き日記」のサキさん。

       P38  (「残り全部バケーション」)
       早坂 沙希の両親は、20代のころは、よく食べ歩きをしていた。

       P44  (「残り全部バケーション」)
       デザートのケーキを食べた時の岡田
        今までこういった菓子類に興味はなかったものの、案外に美味いではないか、と発見した。
        世の中にはまだ俺の知らないものがあるのか、と思うともっと調べたくなる。

       P262 (「飛べても8分」)
       毒島が言う。
       「ある時、岡田が俺のところにこっそり、メールを送ってきた。
        おかげで無事に生きて、甘いものを食ってますってな。
        サキってのは、どこかで知り合った女の名前か何かじゃないのか。」


      食べ歩きが好きだった両親の娘・早坂 沙希と知り合った岡田は、
      「サキ」という名前でブログを更新しているのではないかと思う。

      P44の、岡田が「もっと調べたくなる」という話は、文庫「Re-born はじまりの一歩」では
      書かれていない。各話がうまく絡むように、加筆修正したということを
      伊坂さんはインタビューで話されているが、この部分はその加筆されたひとつだ。
      あえて、加筆されたということは、他の話と絡めるという意図を想像する。
      わたしは、「早坂 沙希」=「サキさん」=「岡田」というように絡めたのではないかと思う。



      ----------------------------------------

      (2)「溝口」 「アドバルーン係のバイトの男」
       「小さな兵隊」に出てくるアドバルーン係のバイトの男溝口だと思う。
       
       P259 (「飛べても8分」)
       「太田に調べさせたら、たまたま分かった。
        出会った時から数えれば二十年近くでね」 と、溝口が言う。
       

      溝口は、岡田のことを太田と捜した。その時のことを、こう話している。

      「岡田が子供の頃の同級生に思い出話まで訊きに行ってな。
      何でも、映画監督だかに取材したとかな。」     (P195より)

      これは、第四章「小さな兵隊」の話のことだ。
      そうなると、アドバルーン係の男と溝口は同一人物だと想像できる。





      -----------------------------------------

      (3)「岡田」 「先生の面倒を見ている原付の若者」 
       「飛べても8分」の中に出てくる、先生と呼ばれる入院患者がいる。
       その先生を、毎日、原付に乗って、見舞いにやってくる若者がいる。
       この男は、息子夫婦を亡くした先生の、面倒を見ているらしい。 
       「遠い親戚」ではないか、と溝口は思っている。    (P216より)


       P215 (「飛べても8分」)
       フルフェイスのヘルメットを抱えた男が立っており・・・・(中略)
       どうやら、同じ大部屋に入院している先生さんの、見舞いに来たらしい。
       目つきが鋭い。


       P27 (「残り全部バケーション」)
       彼(岡田)が二十代なのは間違いなかった。
       背は百八十弱といったところだろうか。
       胸板が厚く、体格はいい。
       長くもなければ短くもない黒髪は、スポーツマンとお洒落な若者の中間の印象だが
       明らかに柄は悪そうだった。
       二重瞼の目つきが怖いからかもしれない。


      目つきが鋭い男、目つきが怖い岡田。
      この二人は、同一人物ではないか、と想像する。


      というもの、元の短編「残り全部バケーション」での、岡田は、こう表現されている。
       一重瞼の眠そうな目つきは、柄が悪くも見えた。
          (文庫「Re-born はじまりの一歩 P320より)


      「一重瞼」の眠そうな目つきの岡田が、「二重瞼」の目つきが悪い岡田に
      修正されてるじゃないですか!
      伊坂さんは、各話がうまく絡むように、加筆修正したと、インタビューで話している。
      ってことは、これも、そのひとつ?
      他の話とうまく絡むための修正と思えば、ここに意味があるように思うんですが、
      いかがでしょうか。

      考え過ぎでしょうか。


      -----------------------------------------

      加筆・修正を基に、ラストを想像したお話を「紙飛行機文庫」に書きました(2015年12月)

  • 単行本 <残り全部バケーション>

  • 文庫本 <残り全部バケーション>

    ページのトップへもどる