ガソリン生活 <伊坂 幸太郎さん>

2013年2月29日「ガソリン生活」を読みました。

  • 感想 <ガソリン生活>

    • 家族愛がつまった、ほのぼのとしたミステリーだった。

      車と車が会話をする。その会話によって物語が進行していく。
      車自身に見えないものや、聞こえないものは、車も語ることができない。
      そうなると、読者であるわたしにも、見えてこない。
      なんと悔しいことか・・・
      一体、事は、どう進展したのか、どんな会話がなされたのか、
      デミオが気になるように、わたしも、すごく気になる。
      その気になる気持ちが、より一層、この物語を盛り上げているように思える。

      またまた、伊坂さんのアイデアに拍手です。
      楽しませてもらえて、感謝です。


      ----------------------------------------------

  • あらすじ <ガソリン生活>

    • 車が語り手となる小説だ。

      望月一家は、母・長男・長女・次男の4人家族であり、愛車は緑のデミオである。
      大学生の良夫は、ちょっと抜けてるんだけど、名前の通り、良い人=グッドマン。
      そして、小学生の次男・亨は、まるでコナン君のように、大人のような子ども。
      この長男と次男がデミオで出かけた時に、元女優の荒木翠と偶然出会い、
      彼女を車に乗せることとなる。

      そして、荒木翠を目的地まで送り届けて、別れた数時間後に、
      彼女は事故死してしまうのだった。

      その後、高校生のまどかと、その交際相手が事件に巻き込まれて、
      それを救出するために、家族が奮闘する。
      そこへ、隣に住む校長先生や、荒木翠を追っていた記者が、
      その救出に手を貸してくれる。
      さらに、小学生の亨にいじめ問題が発生する。

      さまざまな問題や事件や事故が発生する中、
      それぞれの登場人物が、それぞれの個性を発揮して、解決に向かう。
      荒木翠の事故死の真相を見抜いてしまう小学生の亨は、
      クラスのいじめっこたちをも退治してしまうほど、あっぱれだ。



      -----------------------------------------------------------------


  • 好きな言葉 <ガソリン生活>

    • 「ガソリン生活」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      --------------------------------------------
      「殺す」といった過激な言葉をわざと使う奴が嫌い               
      P191


      わたしも同感。
      軽い気持ちで、そういう言葉を平気で使う無神経さが好きになれない。



      ----------------------------------------------
      アイデアがねえんだよ。
      P386    


      自分たちだけで遊ぶアイデアがを思いつかず、ネタ切れだから、
      同じクラスの誰それを苛めようか、となるのだ・・・と、
      小学生の苛めのことを車が話しているシーンだ。

      そうか。なるほど。
      苛めをする子は、想像力が貧困なんだね。



      -------------------------------------------------------
      人間の労働についての三大欲求じゃないかな。
      P402   
                

      「認められたい」 「役立ちたい」 「褒められたい」
      人間が働くには、お金のため以外に、この三つの欲求があるらしい。
      この中の「役立ちたい」の欲求から、望月家のために一肌脱いだ男がいる、
      というシーンだ。

      わかるなー、この三大欲求。
      お金のためだけの理由で、仕事を続けるのは、むしろ難しいと思う。
      この三大欲求のどれかが満たされることもなければ、仕事は楽しくない。


      ---------------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <ガソリン生活>

    • 「ガソリン生活」での作品間リンクを探ってみようと思う。
      あくまでも、わたしの想像ですので、あしからず。

      -----------------------------------------

      (1)「由紀夫」 「母親」 「父親」 
       
       ファミリーレストランの駐車場。
       水色のビアンテから、若者とその母親と四人の男が出てくるシーンがある。

       「中年の男が四人いただろ。あれはさ。全員、父親なんだよ。
        あの由紀夫という若者の父親だ」
                                         P167~P168  



       ここに描かれている6人は、「オー!ファーザー」の家族だと思う。
       




      ----------------------------------------

      (2)「検問」
       
       「もしくは、お金をトランクにしまっていたりしてな。
        前にそういう車の話を聞いたことがあるぞ。
        警官がこっそり大金を手に入れて、それを車のトランクに隠したんだが、
        どういうわけか、その車が盗まれた上に検問に引っかかって、結局その警官が
        自分でその車をチェックする羽目になったんだと」

       「検問っていうのはどういう気分なのか、いつか経験したいものだけれど」
       
                                         P222

        この話は、「検問」のストーリーそのままだ。
        (「検問」は、「Bluff 騙し合いの夜」ミステリー傑作選に収録されています)
            *「検問」の感想は「紙飛行機文庫」でどうぞ
        
        (「検問」は、「残り全部バケーション」にも収録されています)


      -----------------------------------------


  • 単行本 <ガソリン生活>

    • ガソリン生活

      ガソリン生活

      出版社  朝日新聞出版 
      発売日  2013年03月07日

      ¥1,680(税込)

  • 文庫本 <ガソリン生活>

    ページのトップへもどる