死神の浮力 <伊坂 幸太郎さん>

2013年8月10日「死神の浮力」を読みました。ネタバレを含みます。

  • 感想 <死神の浮力>

    • エピローグは、僕・山野辺が語る形で始まる。
      次の章「一日目」は、私・死神の千葉が語る。
      その後「二日目」から「七日目」まで、僕と私が交互に語るという形で話は進む。
      死神の千葉が山野辺を調査する七日間の物語だ。
      日数にすると、たった七日間のことなのに、いろんな出来事がある上に、
      山野辺の父の思い出も語られたりして、もっと長い期間の物語のように感じた。

      死神の話であるので、もちろん「死」を扱う物語だ。
      胸をしめつけられるような思いをさせられる場面もある。残酷な場面もある。
      その中で、千葉の言動は、くすっと笑わせてくれ、場を和ませてくれる。
      死神だというのに、天使のようでもある存在だ。
      参勤交代や大名行列、床屋のサインポールなど、
      雑学の知識が増えるような千葉の話も面白かった。

      そして、最後のエピローグは、僕でも私でもない、牧田という男が語る章になる。
      千葉が山野辺を調査した七日間から10年以上がたった時の話だ。
      「ぽつりぽつりと雨が落ちはじめた」・・・・その男が千葉である証拠だ。
      千葉と山野辺の妻との再会の場面となる。
      いや、千葉も山野辺の妻も、お互いにそれを認識したとは書かれていない。
      でも、きっとわかったはず、思い出したはずだ、
      といううれしい余韻を残してくれてこの物語は終わる。
      あたたかいものがこみ上げてくる最後、
      この瞬間を味わうために、436ページを読んだのだと思う。



      この「死神の浮力」は、「死神の精度」の続編です。
      たぶん、「死神の精度」を読んでいなくても、楽しめる小説だと思うけど、
      「死神の精度」を読んでから「死神の浮力」を読んだ方がより愉しめると思います。
      さらに言えば、伊坂さんの小説をたくさん読んでいる人の方が、もっと愉しめると思います。
      今までの伊坂さんの小説を彷彿させる登場人物や言葉が出てくるので。
      これは、伊坂さんのファンへ対する贈り物かもしれません。
      ありがとうございます、伊坂幸太郎様。


      ----------------------------------------------

  • あらすじ <死神の浮力>

    • サイコパスと呼ばれる、良心のない人間は、25人に1人の割合でいると言われている。
      その25人に1人であると思われる本城崇に、山野辺夫妻の娘は殺された。

      本城は、「自分の名前を相手に刻み込みたい性格なんです。決して忘れられない印象を残したい」
      と千葉に言ったことがある。そのために、人の命を奪うこともあるのだ。
      しかし、サイコパスである本城の最終目的は、人を殺害することではない。
      それによって、苦しむ人を見て、あざ笑うことにある。まさに良心のない人間である。

      その本城について千葉はこう語る。
      「本城が自分の名前にこだわっているのも、突き詰めれば『死』を知っているからかもしれない。
       死んで忘れられることへの恐怖だ。屈辱と言うべきか。
       自分が誰なのか、誰もが忘れられないようにしたいんだ。名を残す、ということか。」

      娘を殺された山野辺夫妻は、本城に復讐することにエネルギーもお金も注ぐ。
      その山野辺(夫)の調査にやってきたのが死神・千葉である。
      千葉は、調査をしている七日間、山野辺夫妻の復讐行動に協力する形となる。

      一方で、サイコパス・本城を、死神・香川が調査をしていた。
      千葉と香川、調査結果は「可」なのか、「見送り」なのか。
      残酷と優しさ、非道と正道、冷淡と親切、荒っぽさと温かさ、
      対極するものが織り交ざったラストは、
      25人のうち24人のサイコパス以外の者の人間らしさにホッとする。



      -----------------------------------------------------------------

      「死神の浮力」特設サイトはこちらです


  • 好きな言葉 <死神の浮力>

    • 「死神の浮力」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがあった。
      それを、ここに残しておきたいと思う。

      千葉は、「どれもこれもが誰かの言葉であり、それが奇妙にも感じられた」とある。(P312)
      その言葉にあるように、この小説にはさまざまな言葉の引用が出てくる。
      パスカル、カント、渡辺一夫、NHKなど。
      それらも、もちろんいい言葉だなあと思ったけど、それ以外をここに残そうと思う。

      --------------------------------------------
      「目にワイパーでもつけておけ」    P96
      山野辺夫妻が泣いていた時に、千葉がかけた言葉。


      うん、ほんと。
      涙が止まらなくなった時、ワイパーが欲しいわ。うふふふ。



      ----------------------------------------------
      「地味に真面目に仕事をするものには好感が持てる」   P183
      「浮力が働く」という言葉から、浮力も地味に真面目に仕事をすると思った千葉の言葉。


      この言葉を発した場面は、千葉らしいとぼけたものになっているけれど
      言葉自体は、千葉の真面目さが出ていて、好きだなぁ。



      -------------------------------------------------------
      「これは俺の言葉だ」    P313
      山野辺夫妻との会話には、パスカルや渡辺一夫の言葉がたくさん出てくるので、
      千葉が「これは俺の言葉だ」と言う。


      ほんとね、「それは誰の名言ですか?」って訊かれる前に俺の言葉だと宣言しておかなきゃね。
      うん、うん。
                



      ---------------------------------------------------
          
      千葉が仕事をする時は、いつも雨が降る。
      そのため、この小説には雨の場面が多い。
      その雨の降り方の表現が、すごくいろいろなバリエーションがあって、すごい!
      伊坂幸太郎さんには、どれだけ雨に関する言葉の引き出しがあるんでしょう。
      ますます、尊敬しちゃいます。


      ----------------------------------------------


      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <死神の浮力>

    • 「死神の浮力」での作品間リンクを探ってみようと思う。
      あくまでも、わたしの想像ですので、あしからず。
      はっきりと同一人物であるとわかるものもあれば、
      同一人物ではないけど、共通ワード、あるいは関連ワードとして登場するものもあったように思う。
      -----------------------------------------

      (1)「南部の住宅街」 P25  
        

      私が訪れた家は、東京の世田谷区、南部の住宅街にあった。少し前に、別の調査で来た際には、つまり数十年前だったが、一帯が雑木林だった。さまざまな昆虫が巣を維持し、生き続けており、人間の住宅はほとんどなかった。


      グラスホッパー」で、鈴木が槿の家へ初めて行く場面 (文庫本 P77)


      空を、厚みのある雲が覆っていた。小雨がしつこく降っている。そのせいなのか土曜日だというのに、街には人通りが少ない。東京の南端に位置する住宅地だ。


      *関連ワードか?



      ----------------------------------------

      (2)「クローン」 P41  
         
      クローンというやつか」私は言う。それを研究している学者に会ったことがある。


      重力ピエロ」の泉水は学者ではないが、遺伝子情報を扱う企業に勤務している。


      *関連ワードか?



      ----------------------------------------

      (3)「轟」 P46~  
         
      は引きこもりの男で、部屋からデジタルビデオカメラで、外の人通りを録画している。
         
      オーデュボンの祈り」     荻島で、唯一、外の世界と行き来できる男
      ゴールデンスランバー」    轟煙花という花火屋の社長


      *引きこもりというのが、「オーデュボンの祈り」での鎖国状態の荻島を連想する。
      *共通ワードだと思う。



      ----------------------------------------

      (4)「藤沢金剛町」  P66
        
      箕輪が山野辺に、本城の居場所情報を伝える。
      藤沢金剛町のロイヤルホテルです」


      *「グラスホッパー」「魔王」「マリアビートル」に出てくる架空の町の名前だ。
      *共通ワードのひとつだと思う。




      -----------------------------------------

      (5)「小さな誤り」  P89
       
      「ただ、その名義を偽るくらいの嘘は、嘘というよりは、トリックや小さな誤りに近いかもしれないな」
      「何ですかそれは」
      「前に、そういう言葉を聞いたんだ」


      死神の精度」の「恋愛で死神」の中に出てくる荻原の言葉がある(文庫本 P171)
         
      「こういう台詞があったんですよ。
      『誤りと嘘に大した違いはない。五時に来ると言って来ないのは、トリックだ。
      微妙な嘘というのは、ほとんど誤りに近い』って」


      *作品間リンクだと思う。



      -----------------------------------------

      (6)「ピザ屋」  P131
       
      「前に調査をしている時に立ち寄ったピザ屋が、円高還元キャッシュバックという名目で
      割引をしていた」


      死神の精度」の「恋愛で死神」の中に、ピザ店が出てくる。(文庫本 P202等)


      *関連ワードか? 作品間リンクか?



      -----------------------------------------

      (7)「甲虫」 P142   
       
      それから以前、人間の子供が甲虫を取りにいくのに同行した時のことを思い出した。


      しあわせなミステリー」に短編「BEE」が収録されている。
      その主人公は、殺し屋の「」である。
      そして、その兜は、昆虫好きなのだ。(P13より)

      「グラスホッパー」「マリアビートル」の殺し屋業界の小説では、動物・昆虫・植物などに由来する名前が多く登場する。
      「鈴木」(魚のスズキをイメージする)「鯨」「蝉」「槿」
      「岩西」(蝉の上司である岩西は「岩ニシみいる蝉の声」より名前がついた?)
      「マリアビートル」(てんとう虫)「比与子」(ヒヨコ)など。

      そこから考えると、殺し屋の「兜」は、カブトムシ(甲虫)から命名されたのであろうと想像できる。
      また、昆虫好きであるということは、甲虫を取りに行ったこともあるだろうとの想像もできる。


      *以上から、「死神の浮力」に出てくる「甲虫」は、「BEE」の兜との関連ワードではないかと思った。



      -----------------------------------------

      (8)「車の爆発」 P164    
       
      実際には、調査対象の人間が車ごと吹き飛ばされる現場に居合わせたことが、
      二回ほどあった。


      ゴールデンスランバー」で、森田森吾の乗った車が爆発した。


      *森田が爆発で亡くなった時、たぶん、雨は降っていなかったと思うので、作品間リンクではなく、関連ワードかな? 



      -----------------------------------------

      (9)「田中」  P291
      田中という男は銃を持ち上げ、「じゃあ、これは」と訊ねた。(中略)
      (田中は)足を引きずるようにしながら店に戻っていく・・・・(略)


      *田中という名前の男は多くの小説に登場している。共通ワードのひとつだ。

      オーデュボンの祈り
         足が悪く、代書の仕事をしている、鳥が好きな男。
      魔王」                   
          足を撃たれるサッカー選手 
      陽気なギャングな地球を回す」   
           どんな鍵でもをつくってくれる男
      グラスホッパー」           
           杖をついているホームレス
      ゴールデンスランバー」            
           足を骨折して入院している患者
      モダンタイムス
           システム管理者
      SOSの猿
          発注ミスをした菩薩証券男



      -----------------------------------------

      (10)「うっかりミスには寛容に、規則違反は厳罰に」  P294
      以前、仕事で訪れたソフトウエア会社で知り合った男が言っていたのを思い出す。
      うっかりミスには寛容に、規則違反は厳罰に」と。


      SOSの猿」の中で五十嵐真が言っている。

      「うっかりミスは防げません。ですから『うっかりミスには寛大に、規律違反には厳格に』と、これは基本的な考え方であるべきです。 (文庫本 P47)


      *寛容と寛大、規則と規律、少しだけ違いはあるけど、これも関連ワードだと思う。



       -----------------------------------------

      (11)「藤田」  P294
      以前、仕事で遭遇したことのある、ヤクザの男と重なる部分あった。自分の慕う兄貴分のために単純な言動ばかり繰り返し、奥行きが感じられなかった。私が調査をしたのは、その兄貴分の藤田のほうで、私にしては珍しく名前を憶えていることでもわかるように、印象に残る男だった。

      死神の精度」の「死神と藤田」に登場するヤクザ藤田と、藤田を慕う阿久津のことだろう。


      *作品間リンクだと思う。



       -----------------------------------------

      (12)「兵を率いる」  P339
      兵を率いる知能の高い男が、次々と敵を撃破していく場面にも何度か遭遇した。(P338)

      夜の国のクーパー」には「兵」が出てくるし、「兵」を率いる男も出てくる。


      *関連ワードか?



       -----------------------------------------


  • 単行本 <死神の浮力>

    • 死神の浮力

      死神の浮力

      出版社  文藝春秋 
      発売日  2013年07月30日

      ¥1,733(税込)

  • 文庫本 <死神の浮力>

    • 死神の浮力

      死神の浮力

      出版社  文芸春秋 (文春文庫)
      発売日  2016年7月8日

      本体780円+税

    ページのトップへもどる