サブマリン

2016年4月6日「サブマリン」を読みました。

  • 感想 <サブマリン> 表紙のこと

    • 【このページはネタバレを多く含みますので、未読の方はご注意ください】

      ----------------------------------------------------------------------------------------
        

      表紙を見たときに感じました。
      「チルドレン」は青い空の色、「サブマリン」は輝く太陽の色。
      「サブマリン」を読む前は、そんなイメージの色使いなのかなと思っていました。
      少年が出てくるお話なので、そう想像したのかもしれません。

      でも、「サブマリン」を読み終えた今、その想像が変化しました。
      太陽の色ではなく、みかんの色じゃないかなと。
      武藤の妻が言ったひとことが、すごく印象に残りました。

      「みかんのいい匂い」と独り言のように洩らした。 (P248)

      武藤が入院している時に、小山田俊が見舞いにみかんを持ってきます。
      小山田俊は武藤に話したいことがあるのです。
      最後に陣内さんのことにふれます。

      少し酸っぱさが残りつつも甘いみかんは、
      食べ始めると、もうひとつ、もうひとつと手が出ます。
      それは、陣内さんに似ているのかもしれません。

      ---------------------------------------------------------------------------------------

  • 感想 <サブマリン> タイトルのこと

    • タイトルの「サブマリン」を直訳すると潜水艦ですよね。

      「どうすればいいんです、武藤さん、俺」
      と、若林青年の苦悩する姿が描かれた場面があります。 (P211)

      若林青年が少年のときに起した事故は、十年経っても消えることがなく
      潜水艦のごとく、視野の外に潜んでいて、
      ことあるたびに急浮上して若林青年に襲い掛ると、あります。

      また、陣内さんはこのようなことも言っています。  (P98)
      「時間が和らげない悲しみなどない。が、悲しみはゼロにはならない」

      どれだけ時間が経過しても、忘れることができないことがある。
      記憶や悲しみが、時間の経過とともに薄れたとしても、
      それは水中に潜っていて見えないだけであり、消えているわけではない。
      何かのきっかけで、突然、姿を現し、激突してくる。

      そういうイメージのタイトルなのかなと想いをめぐらしました。

      ----------------------------------------------------------------------------------------

  • 感想 <サブマリン> 三人の少年のこと

    • 「サブマリンは」家裁調査官の武藤が語る形で物語が進みます。
      その武藤の上司である陣内と、陣内が仕事上で関わる少年、および元少年が三人登場します。
      それぞれの少年たちが登場する最後の場面には、陣内への想いが描かれていることが印象的でした。
      ----------------------------------------------------------------------------------------
      ◆棚岡 佑真
      「絶対、漫画、読ませてやろうと思っていたんじゃないかな」
      と陣内さんの気持ちを武藤が想像したのに対して。
      「あの人、馬鹿なんじゃないですか」と震える声で言った。   (P258)
           
      ----------------------------------------------------------------------------------------
      ◆小山田 旬
      「友達が遊びに来ているんだろうが」と言った陣内さんに対して。
      「何だろうね、あの人」と言う声はわずかに震えていた。    (P248)
           
      ----------------------------------------------------------------------------------------
      ◆若林青年
      「おまえみたいなのもいるからな」と言う陣内さんに対して。
      ぱっと顔を上げた彼の目は赤かった。             (P267)

      ---------------------------------------------------------------------------------------
      破天荒で、面倒臭がりで、負けず嫌いで、変なことにこだわり、無茶ばかりで、
      自信満々で何でもできるような態度で、はた迷惑な陣内さんですが、
      彼の行動や発する言葉に、少年たちは救われる想いがあるのでしょうね。

      伊坂幸太郎さんの「重力ピエロ」の中に、こんな言葉があります。
      『本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ』
      もしかしたら、陣内さんの言葉も、これに通じるものがあるのかもしれません。
      一見、無茶苦茶なことを言っているような陣内さんですが、
      実はそれは真実をついていて、少年たちの心に突き刺さるのでしょう。
      「チルドレン」の中に、陣内さんがこういう言葉を発しています。
      『俺たちは奇跡を起こすんだ』

      まさに、「サブマリン」の中でも陣内さんは奇跡を起こす仕事をしているようです。

      ----------------------------------------------------------------------------------------

  • 感想 <サブマリン> 家族のこと

    • 武藤が優子さんに「陣内さんって何なんですか」とたずねる場面があります。  (P218)
      「恋人とかいないんですかね?」と訊くと優子さんが言います。
      「陣内君は結構もてるんだよ、これが」と。
      夫の永瀬さんも「そうだね、陣内はもてる」と言います。
      でも、「サブマリン」の中に陣内さんの恋人や家族がいる様子は一切描かれていません。

      一方で、武藤が家族を愛している場面は出てきます。
      武藤が男に刺される場面では、武藤は家族のことを思い浮かべています。
      「今、僕がいなくなったら、家族はどうなってしまうのか」        (P230)
      また、家裁調査官なので少年事件を扱うため、
      もし、自分の子どもが・・・・との想像をする場面もあります。      (P40)

      もし家族がいたら・・・・
      その家族が少年事件に巻き込まれたら・・・・
      あるいは、家族が加害者になったら・・・・
      陣内さんは、そう考えているのでしょうか。
      「仕事が恋人なんだよ」と本気とも冗談ともとれる言い方をしています。  (P218)

      仕事が恋人というより、
      家裁にやってくる少年たちを、自分の家族だと思っているのかもしれません。
      「面倒臭せえ」が口癖ではあるけれど、少年たちが青年になっても面倒見がいいですものね。

      ----------------------------------------------------------------------------------------

  • 感想 <サブマリン> 表現・描写のこと

    • 最初にこの「サブマリン」を読んだとき、すごい!と感激したのが
      チャールズ・ミンガスのCDを聴く場面でした。  (P80~P81)

      永瀬夫妻の家で、武藤は初めてこの音楽にふれます。
      その時の感動を描写しているのですが、これがすごいです。
      文才のない、単純なわたしなら「素敵な音楽」との5文字でしか表現することができません。
      ところが、伊坂幸太郎さんにかかると、
      その音楽の素敵さを2ページにもわたって表現してくれるのです。
      5文字の「素敵な音楽」だけでは伝わらないものが、何十倍、何百倍にもなって伝わります。
      すごいですねぇ。
      まるで、本を読みながら、音楽が聞こえてくるようです。

      この物語は少年事件を扱っています。

      「どうして、駄目なんだ。おかしいじゃないか。説明しろよ」
      そう言われても説明することができない。         (P164)

      肯定してあげたい気持ちもあるが、やっぱりできない。   (P213)

      「法律を守ってる奴が全員、いい奴か?」         (P246)

      この小説には、いろいろな問いかけがあります。
      そして「説明できない」「わからない」と答えるしかない場面が多いのです。
      単純に正義と悪の二つに分けることができないからでしょうね。
      それを表現するかのように、描写がすごく丁寧な場面が多いと感じました。
      チャールズ・ミンガスのCDの場面が、それを一番強く感じたのですが、
      他にもいろいろとありました。
      単純な言葉だけでは伝わらないものを、丁寧な言葉で描写することで読者へ伝える。
      それは、陣内さんの少年への関わり方に似ているように思いました。

      ---------------------------------------------------------------------------------------

      このページに関する感想等はブログ「紙飛行機文庫」のコメント欄をご利用くださいませ。


  • あらすじ <サブマリン>

    • 「チルドレン」単行本 2004年5月
      「チルドレン」文庫本 2007年5月
      「サブマリン」は「チルドレン」の続編です。
      講談社 > サブマリン特集ページ・スペシャルインタビュー 伊坂幸太郎 

      ----------------------------------------------------------------

      家裁調査官・武藤は、無免許運転で人身事故、しかも被害者は死亡、
      という事件の少年を担当します。
      武藤の上司・陣内の破天荒ぶりは、少年たちの心を開くきっかけになっているのかもしれません。
      ラストシーンでかかってきた電話は、元少年の心を前向きにしてくれるものであってほしいです。

      答えのない問題に、答えを探す、考える、想像をする、
      すべての人に希望がみえるといいな、
      そう思うお話です。

      ----------------------------------------------------------------

  • 好きな言葉 <サブマリン>

    • 「サブマリン」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがありました。
      それを、ここに残しておきたいと思います。

      --------------------------------------------


      時間が和らげない悲しみなどない。
      が、悲しみはゼロにはならない。
              P98
         
         ゼロにはならない。
         悲しみの深さを測ることはできないですよね。永遠に続くから。


      --------------------------------------------


      味方や仲間はもちろん、どんな敵に対しても、
      そいつの大事にしているものを踏みつけるような真似はするな。
       P99

         大事にしているものは人それぞれ違います。
         だから、それを共有することはできないけれど
         それを大事にしているという気持ちを大切にしてもらえるとうれしいです。
         


      ----------------------------------------------


      問い合わせ窓口、どこにあるんですか。
         P179
         
         どうしていいかわからないとき、誰かに教えてもらいたくなります。
         でも、誰に訊けばわかるのかわかりません。
         そんなときの心の叫びのようです。「問い合わせ窓口、どこにあるんですか」   


      ---------------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <サブマリン>

    • 「サブマリン」の「作品間リンク」について

      「チルドレン」続編ですので、「チルドレン」の登場人物が出てきます。
      ただ、「チルドレン」に登場した、陣内さんの友人・鴨井君が「サブマリン」には登場していません。
      もしかしたら、これは鴨井君のこと?と想像できる部分はあるのですが。
      鴨井君の現在が気になります。
         
      鴨井君について思うことを紙飛行機文庫に書きました。


      -----------------------------------------

  • 単行本 <サブマリン>

    • サブマリン

      サブマリン

      出版社  講談社 
      発売日  2016年3月29日

      ¥1,500(税別)

  • 文庫本 <サブマリン>

    • サブマリン     文庫化はまだです

      出版社  
      発売日  

      ¥  (本体)

    ページのトップへもどる