AX アックス

2017年8月6日「AX アックス」を読みました。

  • 感想 <AX アックス> 

    • 【このページはネタバレを多く含みますので、未読の方はご注意ください】

      ----------------------------------------------------------------------------------------
        
      世の中の小説には「伊坂幸太郎さん」というジャンルがあると、常日頃から思っています。
      「AX アックス」も、まさにそのジャンルのお話で、うれしくなりました。
      ユーモア・名言・会話の楽しさあり、個性的な人物の登場に、伏線回収のわくわくがあり、
      感動のラストを迎える、などなど。楽しさをあげたらキリがないです。

      「グラスホッパー」「マリアビートル」に続く殺し屋シリーズということもあり、
      あの人、この人の名前が出てくるところも、楽しめるポイントでした。

      業界内では一目置かれるほどの腕前の殺し屋なんだもの、
      恐いものなんてないはずでしょって思うのに、妻が怖いだなんて。
      あらまあ、どういうことでしょ。
      しかも、その妻は、「モダンタイムス」に出てくる、まさに恐妻の佳代子とは、全然違います。
      ごく普通の妻なのに、その気持ちを深読みする兜が面白くて、笑えます。

      温かさのある場所は、納戸でした。兜の「自分の部屋」という名の納戸です。
      その納戸の奥の紙袋に、兜は大事なものを隠していました。
      画用紙と大学ノートとチラシと鍵です。
      そのどれもが、最後はすべて家族愛でつながるという、
      「アイネクライネナハトムジーク」のような展開に、心熱くなりました。


      ---------------------------------------------------------------------------------------

  • あらすじ <AX アックス>

    • 「AX」     「小説 野生時代」2012年1月号
      「BEE」    「ほっこりミステリー」2014年3月
      「Crayon」   「小説 野生時代」2014年2月号
      「EXIT」    書き下ろし
      「FINE」    書き下ろし

      【KADOKAWA】AX アックス 特設ページ
      【カドブン】伊坂幸太郎最新刊「AX」刊行記念インタビュー
      【カドブン】伊坂幸太郎への十の質問
       
      ----------------------------------------------------------------

      文房具メーカーに勤める営業社員の三宅には、もうひとつの顔があります。
      物騒な業界で仕事をする、殺し屋です。
      この業界では腕が立ち、数々の仕事をこなしてきた兜ですが、
      息子が生まれると、業界から抜け出したいと考え始めました。
      仲介役の男に「辞めたい」と言うのですが「そのためにはお金が必要です」と言われ、
      そのお金を稼ぐために、また仕事をするという不本意な状況が続きます。

      業界内では一目置かれている兜が、家庭では妻を恐れる恐妻家なのです。
      とはいえ、妻は、暴力をふるったり、暴言を吐いたりする怖い妻ではありません。
      ごく普通の妻なのですが、兜は妻の気持ちを深読みし、気にしすぎる程に気にします。

      「AX」「BEE」「Crayon」では、殺し屋と恐妻家というギャップのユニークさが出ています。
      「EXIT」「FINE」になると、息子・克己の活躍もあり、まさかの展開となります。
      「家族を守らなければいけない」という力強さと愛を感じるお話です。


      ----------------------------------------------------------------

  • 好きな言葉 <AX アックス>

    • 「AX アックス」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがありました。
      それを、ここに残しておきたいと思います。

      --------------------------------------------


      できるだけフェアでいろ
                     P39
         
         兜が息子に対して言う台詞です。
         そして、物騒な仕事をするときでさえ「できるだけフェアな方がいい」と言います。
         そのこだわりっていいなあと思います。


      --------------------------------------------


      やれるだけのことはやりなさい。
      それで駄目ならしょうがないんだから。
          P150・P250

         「おふくろがよく言うじゃないか」と、克己が言います。
         また、兜が決着の付け方を考えているときに思い出す台詞でもあります。
         母が、妻が、よく言っていた台詞なのです。
         二人とも、窮地に立ったときに、この台詞を思い出すのは、
         きっと、大らかな励まし方が心に響いたのでしょうね。      


      ----------------------------------------------


      感情って相殺されないんですよね
                P104
         
         「いいこともあるから、不満を帳消しにできるかと言ったら、そうじゃなくて」
         ボルダリング仲間の松田が言った言葉です。
         感情のプラスとマイナスは計算できないと松田は言うのです。
         そうですよね。どれだけ楽しいことがあっても、強い不満は消えませんもの。   


      ---------------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <AX アックス>

    • 「AX アックス」の「作品間リンク」について

      「グラスホッパー」「マリアビートル」に続く殺し屋シリーズですので、
      それらの登場人物の名前や、エピソードが出てきます。

      蝉、槿、スズメバチ、蜜柑、檸檬、七尾(天道虫)、岩西、桃、寺原、峰岸
      藤沢金剛町など。


      「死神の精度」の千葉、「グラスホッパー」の鯨に関する想像は、
      ブログ「紙飛行機文庫」に書きました。


      -----------------------------------------

  • 単行本 <AX アックス>


    •  AX アックス

      出版社  KADOKAWA 
      発売日  2017年7月28日

      ¥1,500(税別)

  • 文庫本 <AX アックス>

    • AX アックス     文庫化はまだです

      出版社  
      発売日  

      ¥  (本体)

    ページのトップへもどる