フーガはユーガ <伊坂 幸太郎さん>

2018年11月21日「フーガはユーガ」を読みました

  • 感想 <フーガはユーガ> 

    • 最後の章で、涙が出てきました。
      自分でも、どういう意味の涙なのか、説明のできない涙です。
      温かく、ホッとする感情、
      ありがとうと言いたくなる思い、
      うん、うん、そうでなくちゃね、という安心の気持ち、
      いろいろな思いがこみ上げてきました。

      親が子供を虐待する場面から始まります。
      読み進めると、さらに、酷い場面も出てきます。
      ありえない、ありえない。もう止めて。
      読んでいて、苦しくなるほどです。

      でも、最後に、こんな場面が待っていたなんて。
      想定外の外からやってくる風我に、周囲の皆は驚かされます。
      この物語を読み終えたとき、わたしは、想定外の外へ連れ出され、
      温もりのある驚きの場所へ瞬間移動させてもらった気分になりました。

      最初から最後まで引き込まれる物語でした。


      ----------------------------------------------------------------

      実業之日本社 特設サイト「フーガはユーガ」 



  • あらすじ <フーガはユーガ>

    • 常盤優我と常盤風我、双子の兄弟の物語です。
      二人は、父親から暴力を受け、母親もそれを見て見ぬふりという環境で育ちました。

      5歳のとき、二人は、不思議な現象が起きる体験をします。
      その後、二人でその現象の研究を重ね、自分たちの特異さをうまく使いこなせるようになります。

      「人を支配する奴は許さない」という思いを持つ二人が大人になったとき、
      自分たちの特異さを使って、悪を叩きのめし、大切な人を守ります。

      風我は言います。 (P146)
      「優我の人生は、俺のものでもある」
      「二人で二つの人生だ。どっちも俺たちのものだ」
      タイトルの通り、 フーガはユーガです。

      ----------------------------------------------------------------

      「フーガはユーガ」のポストカードを作りました


  • 好きな言葉 <フーガはユーガ>

    • 「フーガはユーガ」
      この小説の中にも、いい言葉だなぁと思うフレーズがありました。
      それを、ここに残しておきたいと思います。

      --------------------------------------------


      風我が来る。
      来るってどこから?
      想定外の外からだ。
           P268
         
         「想定外の外から風我が来る」
         そうですよね。
         風我の出現を、誰も、想像も想定もできないですものね。
         最強の双子です。
         


      --------------------------------------------


      指揮者の指揮棒の動きをじっと待つような緊張感を覚えた。 P247
         
         街の静かさと、ワタヤホコルの不安と緊張が伝わってきます。
       

      ----------------------------------------------


      僕たちのために、空が赤く泣いてくれているのではないか。 P68
         
         雨が降っても、それを涙だと思うことはなかったのに、
         空の赤さには、心のどこかを刺激された、とあります。
         雲がうっすらと出血しているかのようだ、ともあります。

         子供が、夕陽をそのように想像するなんて。
         胸を締め付けられる思いがします。


      ---------------------------------------------------

      心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの言葉集*名言「本棚のしおり」はこちらです

  • 作品間リンク <フーガはユーガ>

    • 「フーガはユーガ」の「作品間リンク」 について

      ----------------------------------------
      (1)伊藤・案山子

      (P195)
      「ユーガって伊藤さんが話してた案山子の名前と似ている」

      榴岡公園にいた子供が、このように話します。
      この伊藤さんは、「オーデュボンの祈り」に出てくる伊藤で、
      ユーガに似た名前の案山子とは優午のことだと思います。


      オーデュボンの祈り
         

      -----------------------------------------
      (2)鳥井・南

      (P226)
      ある時、隣のレーンのカップルの男のほうが、隻腕にもかかわらず
      右腕だけでストライクを何度も叩き出し、驚かされたことがあった。


      このカップルは、「砂漠」の鳥井と南ではないかと思います。


      砂漠


      -----------------------------------------
      (2)高齢の夫婦・犬
       
      (p194)
      ベンチに座り、しばらく眺めていると、犬を連れた高齢の夫婦が通りかかった。
      やけに大きな、雑種と思しき茶色の犬は、彼らが二人がかりで綱を持たなくては
      引っ張れないほど、力強く、ほとんど、夫婦を犬が引き摺っているかのようだ。

      「ラッシュライフ」に出てくる犬と、黒澤の財布を奪おうとする老夫婦でしょうか。


      ラッシュライフ
        

      -----------------------------------------

      その他、作品間リンクとまでは言えませんが、
      伊坂さんの作品を思い起こすワードが、あちこちに見受けられました。
      そのことについては、ブログ「紙飛行機文庫」に書きました。

      死神の千葉についても、想像する部分がありましたので、ブログに書きました。
      「フーガはユーガと死神の千葉」はこちらです。


  • 単行本 <フーガはユーガ>

  • 文庫本 <フーガはユーガ>

    • フーガはユーガ     文庫化はまだです

      出版社  
      発売日  

        

    ページのトップへもどる